スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Show Me Your Blood
stagepic2006-12.jpg


千田です。

只今発売中の「Rockin'f」vol.24にも少しではありますが
前号に引き続きD.E.S.アルバムの紹介をして頂いてますので
探してみて下さい(笑)

そういえば以前収録曲の紹介をしたいと書いた事ありましたが、
今更ながらじゃけど「わしの立場」から紹介します…

1.Show Me Your Blood
D.E.S.として初めて形になった曲。
この曲とGotta Find~は思い出深いです。
デモCD-Rに収録したのよりHEAVYに意識して録り直しました。

2.Breeder Of Hate
Aメロのギターリフが格好良い。
HEAVYなサウンドの中にも歌のリズムを大切にした曲。
この曲はD.E.S.的にハードル高いですわい(笑)

3.The Deadly Madman
D.E.S.の曲の中でも割と早い時期から出来上がっててLIVEでも演ってた曲。
しつこくならん程度に「悪の枢軸」っぽく歌いました。(笑)
王道の手法ですがソロ前のラジオボイスがなかなか新鮮(笑)

4.Running Away From The Phantom
6/8のリズムが格好良いです。
個人的にこういうリズムが好きなんで。
あまり考えずに好きに歌う事ができました。
密かにBLINDMAN高谷氏のコーラスがとある箇所に(笑)

5.No Other Day
ブルージーな曲でありA面ラストらしい(笑)曲ですな。
以前はイントロもかなり凝ってたりしたんだけど
スリムに判りやすくアレンジし直した曲です。
D.E.S.がLIVE始めた頃にはよく演ってて当時はそのバージョンでした。
そのバージョンも好きだったんじゃけど(笑)

6.Waiting For The Sun
実はアルバム一番人気だったりします。
でも実は一番歌うのに苦労しました。
サビとAメロとかのイメージがわしの頭の中で一致しなかったり
関根とのイメージと一致しなかったりと(笑)
レコ中の気分はホンマWaiting For The Sunでしたわい!

7.Dirty Shadow
Breeder~同様リズムを意識して歌いました。
HEAVYに歌いつつもリズムを意識するってのがなかなか難しかった。
ここでも高谷氏が密かに!(笑)

8.Gotta Find A Way
デモで一度歌ってるしShow Me~と同時期の曲、
LIVEでも何回も演ってるんですんなりと歌えるかと思いきや、
なかなかどうしてハマってしまった曲!(笑)
実は何故なんかは今でも分からん(爆)

9.Let It All Out
歌詞から何からMOTLEY CRUE的王道ロケンロー。
こういう曲やTake Me~みたいな曲はわしはあんまり通ってないので
自分にとってはチャレンジでした。
いらん事考えずにノリ一発で歌わせてもらいました。

10.Take Me Away
こういうのD.E.S.であります。
レコ前にパンキッシュに歌うのを意識し過ぎて
頭が破綻しかけたんですが(笑)
高谷氏のフェイクでわしの尻を蹴り上げてもらうイメージに切替えて録りました(笑)
Let It~同様これはこれで難しいもんじゃのぅと実感しました。


長文になってしまいましたが(^_^;)
こんな感じで歌録りしました。
次回作のイメージも出来つつあるんで
今年は色々と歌い方試してみようかと思っとります。


 ←Clickでブログ・ランキングに投票よろしく!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。