スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Live Cafe Jive
200803301925042
20080330192504
20080330191606
20080330191605
千田DES。

このブログにもよく登場しとりますが、広島のホームグラウンド的に諸先輩方や同期バンド仲間とアコースティック(調)みたいな(笑)LIVEをよく演るハコDES。
普段はJAZZやPOPSなんかを中心に演ってるようDESがマスターにはROCKな血が流れてるんでわしらにもよく声を掛けてもろーとります。
そんなこんなで昨夜は前回の"清書"すべくまたここでLIVE演りました。
ご来場頂いた皆さん、いつも本当に有り難う!
m(_ _)m
今回は2曲増やして、多少曲順もいじって全16曲、2時間に渡るLIVEでした。
・Cat Scratch Fever/Ted Nugent
・We're An American Band/G.F.R.
の定番2曲を増やしました。
前回のようにバタバタと終わった感もなく、LIVEを落ち着いて演れたって感じが強いDESわ。

"Brother To Brother"と"Let Her Cry"はエエ曲だなぁと再確認。
後者収録のアルバム「CRACKED REAR VIEW」/HOOTIE&THE BLOWFISHは最後まで飽きずに聴ける大好きな一枚。
発売当時から聴きまくり、いつか飽きるかと思いきや今だに聴き続けてるアルバムです。
おかげでジャケがボロボロ気味なんで買い直しかなぁ…
ま、同じ事が前者のアルバムにも言えるんじゃけど(笑)
ダリアス・ラッカーの声はエエッ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。